日本語/English
検索
日本言語学会について
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
関連学会リンク
学会からのお知らせ
  • 第148回大会の情報更新(2014/04/20)
    日本言語学会第148回大会に関して掲載されている情報を更新しました。保育室や大会スケジュールの情報を更新し,大会プログラム(pdf)も掲載しました。是非御覧下さい。

  • 第147回大会において発生した問題に関する調査と対応について(2014/01/06)
     第147回大会(2013年秋季、神戸市外国語大学)における1件の口頭発表について、聴衆の方からの連絡を受けて調査委員会を設置して調査を行った結果、剽窃による発表であったことが判明しました。これを受けて、本ホームページで公開している大会プログラムおよび大会発表要旨から当該の口頭発表に関する情報を削除しました。(当該発表は、発表内容は未発表のものに限るとする大会発表規程にも違反していることを確認しています。)

     最近発表された日本学術会議の提言「研究活動における不正の防止策と事後措置─科学の健全性向上のために─」にもある通り、科学における研究不正は、科学の健全な発展を妨げ、科学に対する社会的評価を損ない、人々が科学に託した夢と信頼を裏切る行為です。今回のような事態を繰り返すことのないよう、会員各位には研究倫理を十分に自覚して研究を誠実に遂行するようお願いします。

                               日本言語学会会長
                               梶 茂樹
                               2014年1月6日


  • 日本言語学会学会賞(2013/12/25)
    第147回大会(2013年秋季,神戸市外国語大学)の大会発表賞が発表されました。おめでとうございます。日本言語学会学会賞のページに詳細を掲載しました。

    第147回大会(2013年秋季,神戸市外国語大学)の大会発表賞(3件)

    ・カフラマン バルシュ氏(共同発表者:オズベッキ アイドゥン氏)
    「トルコ語における再帰代名詞の解釈に関する一考察」

    ・小林由紀氏(共同発表者:杉岡洋子氏、伊藤たかね氏)
    「規則適用としての連濁:事象関連電位計測実験の結果から」

    ・松井真雪氏
    「対立が"不完全に"中和した語の音声知覚: ロシア語の語末無声化の事例」

  • 『言語研究』146号特集論文募集締め切りの延長(2013/12/24)

    『言語研究』146 号(2014年9月刊行予定)の特集「アジア・アフリカの手話」への投稿の締め切りを変更しました。新しい締め切りは2014年2月28日です。


  • 日本言語学会学会賞 (2013/10/12)
    2013年度日本言語学会論文賞が発表されました。おめでとうございます。日本言語学会学会賞のページに詳細を掲載しました。

    2013年度の論文賞(1件)
    ・林下淳一氏
    「On the Nature of Inverse Scope Readings」『言語研究』143号(2013年3月刊)

D3ブログのトップへ
研究会・教員公募などのお知らせ
  • 13th International Cognitive Linguistics Conference (ICLC-13)のお知らせ(2014/03/23)
    13th International Cognitive Linguistics Conference (ICLC-13) に関する情報が届いています。以下のリンクから学会の情報を見ることができます。

    学会ウェブサイト

  • 英語教育関連分野常勤教員(准教授または講師)募集(1名)(2014/02/26)
    富山県立大学英語関連分野の公募の情報を掲載しました。詳細はこちらを御覧下さい。

  • 日本第二言語習得学会・第14回年次大会(J-SLA 2014)発表者募集延長のお知らせ(2014/01/27)
    J-SLA2014年度大会研究発表の募集を2月12日(水)まで延長することにいたしました。なお、既に要旨を出された方で、修正を希望される場合は、大変お手数ですが、修正した要旨を再度提出いただきますようお願いいたします。

    ーーーーーーー
    日本第二言語習得学会(The Japan Second Language Association)では、第14回年次大会(J-SLA 2014)を関西学院大学西宮上ヶ原キャンパスにて開催いたします。研究発表には「口頭発表」または「ポスター発表」および「学生ワークショップにおける口頭発表」があります。募集する研究の領域は第二言語習得の理論的・実証的研究で、発表言語は日本語または英語です。積極的なご応募をお待ちしています。

    日時:2014年 5月31日(土)・6月1日(日)
    場所:関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス(http://global.kwansei.ac.jp/)

    招待講演: Claudia Felser (University of Potsdam, Germany)
          Harald Clahsen (University of Potsdam, Germany)

    発表を希望される方は、学会HPを参照してください。
    http://www.j-sla.org/j-sla2014-call-for-papers/

    <問い合わせ先>
     J-SLA事務局 柴田 美紀 shibatam@hiroshima-u.ac.jp 
      電話: (082)424-6430


  • 幼児言語発達研究会 第1回研究発表会のお知らせ(2014/01/20)
    幼児言語発達研究会は、2013年、社団法人日本心理学会内に発足した新しい組織で、 幼児の言語発達に関する実証的な研究の成果を発表・議論する場を提供します。電子情報通信学会のヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS)との共催で、第1回目の研究発表会を以下の日程で行います。

    2014年2月1日(土)、2日(日)
    会場:鹿児島大学 郡元キャンパス 共通教育棟2号館211号講義室

    プログラムの詳細は下記のサイトをご覧下さい。http://childlangdev.wordpress.com/event/

  • 福岡大学人文学部英語学科英語教員の公募(2014/01/20)
    福岡大学人文学部英語学科英語教員の公募の情報を掲載しました。詳細はこちらを御覧下さい。

D3ブログのトップへ
このページの先頭へ