日本語/English
検索
会員専用ページ
日本言語学会について
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
関連学会リンク
学会からのお知らせ
  • 第149回大会の情報更新(2014/09/29)
    日本言語学会第148回大会に関して掲載されている情報を更新しました。大会スケジュールの情報を更新し,大会プログラム(pdf)も掲載しました。こちらの大会ページを是非御覧下さい。

  • 第149回大会(11月15日・16日 愛媛大学):保育室の設置について(2014/09/16)
    第149回大会(11月15日・16日 愛媛大学)の大会ページに,保育室についての情報を掲載しました。詳細は,大会ページを御覧下さい。

  • 日本言語学会学会賞(2014/07/16)
    第148回大会(2014年春季,法政大学)の大会発表賞が決定しました。おめでとうございます。

    第148回大会(2014年春季,法政大学)の大会発表賞(2件)

    ・白田理人氏
    「奄美喜界島小野津方言の一人称代名詞の複数形」

    ・髙橋康徳氏
    「上海語変調におけるピッチ下降の音韻特性:実験音韻論的考察」

  • 日本言語学会夏期講座2014受講生募集(2014/07/04)
    日本言語学会では、日本言語学会夏期講座2014の受講生を募集しています。

    日本言語学会夏期講座2014の受講申し込み期限を8月1日(金)まで延長しました。
    ぜひお申し込みください。

    夏期講座は、日本言語学会の会員でなくても申し込めます。
    夏期講座2014は、8月18日(月)~23日(土)に名古屋大学で開催します。
    詳細は、夏期講座のWebページ http://www3.nacos.com/lsj/kakikoza/ をご覧ください。


  • 東日本大震災で被災された会員の方に対する会費免除について(2014/06/04)
    東日本大震災により被害を受けられた会員の方については、前年度に引き続き2013年度の会費を免除いたします。前年度申請されていなくとも、今年度申請することができます。東日本大震災による被害を理由とする申請であれば、申請者の居住地は問いません。 詳しくはこちら

D3ブログのトップへ
研究会・教員公募などのお知らせ
  • J-SLA秋の研修会(2014/09/24)
    秋の研修会では、第二言語習得研究ならびにその関連分野において ご活躍中の研究者を招待して、現在の研究について、専門外の人にもわかりやすく話していただきます。

    場所:関西学院大学 梅田キャンパス 1004教室(10F)
    日時:2014年10月19日(日)

    10:10 ~ 受付
    10:30-12:00 講演1 松尾歩氏(神戸女学院大学)「追試法を使った動詞習得の研究について」
    12:00-13:00 昼食
    13:00-13:40 総会
    13:45-15:15 講演2 楠本紀代美氏(関西学院大学)「Type Theory and Quantification」
    15:30-17:00 講演3 岸本秀樹氏(神戸大学)「統語構造の日英比較」

    参加費:1,000円
    *事前申し込み不要

    http://www.j-sla.org/event/2014autumn/


  • 情報・システム研究機構国立情報学研究所 特任教員(女性)公募(2014/09/24)
    情報・システム研究機構では、「男女共同参画社会基本法」の精神に則り、機構が進める男女共同参画を加速するために次世代女性研究者養成事業を行います。この事業により、国立情報学研究所において男女雇用機会均等法第8条(女性労働者に係る措置に関する特例)の規定に基づき、以下のとおり女性研究者の公募を行います。

    1.公募職名・人員
      特任准教授又は特任助教 1名
    2.採用時期
      原則として平成27年2月1日

    詳細については本研究所ホームページ(http://www.nii.ac.jp/about/recruit/)をご参照願います。


  • 情報・システム研究機構国立情報学研究所 研究教育職員 公募(2014/09/24)
    国立情報学研究所では、学術情報ネットワークSINETの運営やCiNiiなどの学術情報に関するサービスを行っています。また、今後はサイバーセキュリティやクラウドに関する事業を展開しようとしております。このような先端的ITを大学等に対するサービスとして実現する事業の運用と開発に携わる人材の公募を以下のとおり行います。

    1.公募職名・人員
      特任准教授又は特任助教 あわせて若干名
      (※ 特任教授としての採用を考慮する場合もあります。)
    2.採用時期
      平成27年4月1日以降のなるべく早い時期

    詳細については本研究所ホームページ(http://www.nii.ac.jp/about/recruit/)をご参照願います。


  • 日本第二言語習得学会・第15回年次大会(J-SLA 2015)発表者募集(2014/08/04)
    日本第二言語習得学会(The Japan Second Language Association)では、第15回年次大会(J-SLA 2015)を広島大学にて開催いたします。研究発表には「口頭発表」または「ポスター発表」および「学生ワークショップにおける口頭発表」があります。募集する研究の領域は第二言語習得の理論的・実証的研究で、発表言語は日本語または英語です。積極的なご応募をお待ちしています。

    日時:2015年 6月6日(土)・6月7日(日)
    場所:広島大学 (http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html)
    招待講演: Dr. Holger Hopp (English Linguistics University of Mannheim, Germany)

    締め切りは、2015年2月14日(土)です。

    発表を希望される方は、学会HPを参照してください。
    http://www.j-sla.org/j-sla2015-call-for-papers/

    <問い合わせ先>
    J-SLA事務局 柴田 美紀 shibatam@hiroshima-u.ac.jp 
    電話: (082)424-6430

  • J-SLA 2014年度夏季セミナー(2014/07/08)
    2014年度の夏季セミナーを以下のとおり開催します。詳細は参加申し込みページでご確認ください。
    ★締め切り・日時・場所が変更になりました。ご注意ください。
    ★費用も格安になりました。
    ★変更前に申し込んだ方には、担当からメールを差し上げますので、よろしくお願い申し上げます。

    <テーマ>
    「みなさんはどんな研究をしてらっしゃるんですか?」

    <主な内容>
    プレゼンテーションとディスカッション(1)
    「科学的アプローチによるSLA研究の面白さと限界」
    プレゼンテーションとディスカッション(2)
    「2014年度年次大会の発表を振り返り、新たな研究シーズを探る」
    ポスター発表・意見交換(1)
    口頭発表・討論(2)
    エクスカーション:野尻湖畔散策・温泉入浴・ボート乗船
    オプション「テニス、サッカー、花火大会、卓球など」
    懇親会その他、質問会など

    <日時>
    2014年9月1日13:00開会 2014年9月3日12:00閉会(予定)

    <場所>
    中央大学野尻湖セミナーハウス
    所在地 〒389-1312 長野県上水内郡信濃町富濃4298-74
    電話  026-255-2251
    ★4人または5人部屋の予定です。

    <定員>
    30名(男女それぞれ15名)

    <申込締め切り>
    2014年7月31日(木)ただし、定員になり次第締め切ります。

    <費用>
    一般(会員)13,000円 学生(会員)10,000円
    一般(未入会者)18,000円 学生(未入会者)13,000円

    <交通>
    東京方面からは貸し切りバスを出す予定です。(別料金)
    その他
    ★中央大学の施設を使う関係で、本サマーセミナーは「中央大学文学部若林茂則ゼミ」との合同開催になります。

    http://www.j-sla.org/event/14summer/

D3ブログのトップへ
このページの先頭へ